明正マネジメント スタッフブログ

京都市中京区の税理士法人

夏季休業のお知らせ

 

f:id:meisei-m:20170803124754j:plain

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では現在夏季休業をいただいております。
期間中は大変ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承頂きますよう
お願い申し上げます。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ◆ 夏季休業期間 ◆

  8月11日(金/祝)~ 8月14日(月)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           税理士法人明正マネジメント スタッフ一同

 

時が止まった場所

先日、「懐かしき昭和への旅 廃墟は物語る輝かしい時代の思い出」というテレビ番組を見ました。

鉱山跡や炭坑跡とその周辺に存在した住宅地、今は廃墟と化した場所をめぐるという内容です。

 

以前に、東洋のマチュピチュと呼ばれる別子銅山へ行ったことがあります。

f:id:meisei-m:20170806104522j:image

愛媛県新居浜市で、1973年まで住友家によって経営されていた銅山です。

採鉱本部跡をはじめ旧インクラインなど、閉山時に整理されていて観光しやすくなっています。

生活文化を知れる場所は殆ど更地になっていましたが、歴史資料館と合わせて見学するとなかなかのボリュームでした。

 

栄枯盛衰という言葉がありますが、その集落の巨大さに当時の繁栄を、無用となってしまった姿に悲しさを感じるようです。

松尾芭蕉が奥州にて「夏草や 兵どもが 夢の跡」と詠んだ時も、こんな気持ちだったのでしょうか。

後祭

f:id:meisei-m:20170720124758j:plain

 

今週の月曜日に祇園祭 後祭の山鉾巡行、花笠巡行、還幸祭が行われました。

祇園祭もあと少しで終わるかと思うと寂しくなりますね。

 

 

祇園祭

17日、祇園祭 前祭(さきまつり)の山鉾巡行が行われました。
三連休の最終日とあって、例年より多くの人出があったようです。

f:id:meisei-m:20170718201121j:plain

なんと、今年は弊社の若手社員が「伯牙山(はくがやま)」にお供者として、
裃(かみしも)を着て参加していました。
下の写真は後方から写しているので見えませんが、
中国は周時代の琴の名手伯牙の像と琴が置かれています。

f:id:meisei-m:20170717114849j:plain

雨も降らず、少し曇っていたように思いましたが、
11時の気温が30度を超える暑さで、色白の彼も日焼けした様子でした。

お疲れ様でした。

明日20日から後祭が始まり、24日に巡行があります。
これが終わると京都の夏も本番です。

 

小暑

f:id:meisei-m:20170710192123j:plain

このたび九州地方の記録的な集中豪雨により

被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を

心よりお祈り申し上げます。

夏になりました

先週に引き続き、夏越の祓ネタ。

城南宮では7月より一週間、車がくぐれるサイズの茅の輪くぐりができます。神職の方にお祓いをしてもらえます(無料)。

車も厄祓いできてよかったです。

7月から9月 | 城南宮

水無月は今年はとらやさんとこのを食べました。おいしかったです(^ー^)自分で作らない人で食べそびれてしまった方、仙太郎さんとこならまだまだ売ってるので安心です(←?)

 

 

台風が来たり雨が降ったりとせわしない天気ですが、祇園祭が始まりました。

提灯も飾られ、夕方には平日でもお囃子の練習が聞こえてきます。

 

(※せっかく撮った動画をここに貼ろうと思いましたが、貼り方が分かりませんでした……)

 

夏が来てしまったなぁと感じます。

むしむしあついです。

雨が続いていますが、巡行の当日、天気が”ほどよく”晴れていればと思います。

 

ところで胃腸が早くも元気を失ってきたのですが、はも寿司や鯖寿司食べたくなってきました。夏野菜や魚やそうめんや魚そうめんなど、季節のものやおいしいものをいっぱい食べて体力を付けて、夏を乗り切っていきましょう。

夏越の祓

 

本日6月30日は、1年のちょうど折り返しの日。 早っ!!!

京都の多くの神社では『夏越の祓(なごしのはらえ)』が行われます。

夏越の祓とは、半年間の汚れを祓い清めて、この後の半年の健康と厄除けを祈願する
大切な節目の行事です。

厄落としの方法として『茅の輪くぐり』を行います。
茅の輪とは、チガヤという草で編んだ輪のことで、境内に作られた大きな茅の輪の中を

 

  水無月の夏越しの祓する人は千歳(ちとせ)の命延ぶというなり

 

と、唱えながら8の字を書くように3度くぐり抜けることによって身を清め、
病気や災いから逃れることが出来るとされています。

神社によっては、紙の人形に自分の名前を記して息を吹きかけたり、
それで体を撫でて人形に罪や汚れを移して身代わりとして神社に納め、
水や火を使った神事でお清めしてもらい厄を落とすところもあるそうです。

 

また、京都には夏越の祓の日に食べる伝統的な和菓子『水無月』があります。

f:id:meisei-m:20170629140436j:plain

モチモチのういろうの上に邪気を祓う小豆がのった三角形のお菓子で、
その形は削りたての氷を表していて暑気払いの意味があるとか。

水無月を食べることで夏の暑さを乗り切り、自身の厄除けを兼ねた縁起の良いお菓子。
私も残り半年の無病息災を願って、美味しくいただきました ♪